トルコへ行き損ねた酒樽

今度、出張先のトルコで開催される日本のレセプションで、 日本酒を振舞う場所に、酒樽をディスプレイすることになった。「ダミー樽を調達して下さい。」と言われたものの、探し始めるとなかなか見つからない。基本的に非売品なのだ。ハンズのパーティグッズ辺りにでもあればと思ったが、残念ながら。

ではプロにお話を聞こう、と思い、知り合いのお酒屋さんに電話してみたら、なんと、お酒メーカーさんに掛け合い、無料で提供してくれた!やったー。
職場に届いた、立派なオブジェ?に大喜びしていたら、ご依頼元より、「やっぱり本物の樽にお酒入れて竹杓でサーブしましょう。」。。。

今回頂いた樽、ダミーと言いつつ、どう思っても良い香りがする。これはきっと、と、メーカーさんに聞いてみると、やはり、現役時代はお酒を中に入れていた本物の樽で、引退後、ディスプレイとして使われていたとの事。これにお酒を入れようかとも思ったが、衛生面を考慮し、新しい樽を調達することにした。

さて、私の机の横にある大きな大きな引退樽。
その香りと言い、見た目と言い、精神高揚グッズとして大いに役立ってくれたのだが、 2日程経ってから、おりしも不要物破棄キャンペーンを行っていた総務部より、破棄するか持って帰るか、いずれかの選択を、と指示が出た。捨てるのは余りにも忍びない。かと言って1K自宅に置き場所はない。そんなの使う人いないから捨てなよ、とか、結婚式で鏡割りに使えば?予定があれば(こら)、とか、周りの声があがる中、藁にもすがる思いで、母に電話してみた。
私「いらないと思うのだけれど。。。二斗酒樽。いかが?」
母「本当の杉の樽?いいじゃない。頂くわ。」
私「え?ちょっと虫湧いているの。今もありさんが歩いてる。」
母「お酒の香りがするからじゃない? その内いなくなるでしょ(そういうもの?)。」
私「えええ?正面に大きく○○○(メーカー名)って書いてあるよ。 インテリアに合わなくない?」
母「素敵。それに、杉の樽に菰が巻いてあるのでしょう? 飽きたら菰を取ればいいわ。本当の木っていいのよねー。」

かくして、「藁にもすがる思い」」の割には いまみっつアピールが控えめな申し出にもかかわらず、 引退樽は大歓迎され、実家へ向かうこととなった。めでたしめでたし。

投稿者: 大野かおり 日時: 2006年10月15日 12:27 |

ライブ情報