大阪の「喫茶Y」を攻める。

用事があって週末に大阪へ行った。
大阪行きが決まってから、絶対に訪ねようと決めていた場所があった。
それは、喫茶Y。
もう、すごいらしい。とにかくすごいらしい。何がすごいって、
私が食べ切られない様な量の定食が出るらしい。

ついては、大阪のジャズ仲間数名に、喫茶YのURL付きメールを送った。
「土曜日お昼、本当に長年の夢だった「喫茶Y」に乗り込み、ランチです(先程電話で営業する旨確認済)。付き合ってみようかなー、というチャレンジャーさんいらしたら、是非^-^でも本当にチャレンジングです。」

かくして、3人で喫茶Yランチとなった。

私たち「カレー定食は絶対おさえたいよね。あと、とりから定食おいしそう。でもハンバーグも食べたい。サンドイッチも外せない。。。」
お店のママ「なーに頼んでも同じ。白ごはんやなくてカレー食べたいんやろ?ほなカレー定食にしとき。」

どうも、白ごはんを食べたければY定食、後は何定食を頼んでも
同じ「おかず」とカレーライスが出るらしい。
というわけで、2人はカレー定食注文。
1人は念のために、サンドイッチ定食。

まず。
きんぴらごぼう、高野豆腐と白菜の卵とじ、ハンバーグ、おみおつけ(具の方が液体より多かった)。これで普通に多目の定食量。(ごはんがないだけ)。おかず第1弾ね。

おおっ、と、喜びながらおかずを食べ進める私たちに、
ママ「カレーライス、大盛りいくか?」
私たち「んー、普通盛りでお願いします。」
どーん。普通に多目1人前のカレーライス。ルーより多いお肉が
繊維状態になるまで煮込まれている。
さっきのハンバーグと言い、これと言い、良いお肉を使っているみたい。

隣のテーブルに出てきたちょっと色の赤いとりからが
とてもおいしそうに見え、
「とりからぴりからとりからぴりから♪」と3人で口ずさんでいると、
ママ「ほーら、お待ちかねのとりから!」
出た。おかず第2弾、大量のとりから。

だんだんおなかが張ってきた。
そこでサンドイッチ登場。 お写真参照。
携帯よりちょっとだけ大きいくらいのサイズに見えるのは、遠近法のせい。
ずっと大きく分厚い。
さっきからパンを1斤単位で何回もトーストしているのは見えていた。
普通に口に入らない大きさなので、おはしで分解して
中の分厚い卵やハムを半分くらい取り除き、
それをおかずに、残りの具材がはさまったサンドイッチを食べる。

とてもおいしいけれど、とてもおなかが張った。
そこで、常連のお客さんとママの会話。
常連さん「あれー、東京のお客さん、ベーコンエッグまだ出とらんでー。」
ママ「ベーコンエッグやなくてハムエッグかもしらんやろ。余計なこと言わんと。卵料理!」
周りのテーブルを見て気付いてはいた。もしかしてママ忘れているかな、と。
はい、大丈夫です、忘れていても!
ママ「うちに来るために東京から来たんやろー♪ゆっくりしてきーやー。もうちょっと待っとってーなー。卵出るからなー。」
ハムエッグが出てきた。おかず第3弾。
お写真1枚しか載せられないのが悩ましい。卵6個?をハムが覆いつくす。

一生懸命食べていたら、
ママ「おかずお代わりええか?足らんのとちゃう?なんか作ろか?すぐ食べたかったら冷奴あるで。」
いえいえいえいえ、もう本当に大丈夫です。
隣のテーブルの冷奴、1人1丁だし。

お店に入ってから約2時間後、ようやく食べ終わった。
食後のコーヒーは、挽きたて落としたてのを
ポットに入れて持って来てくれた。
これがおいしい!
私たち「ママー、コーヒーおいしい!」
ママ「何言うてんの。うちは喫茶店やねん。」
そうだった。
以下、喫茶YのURL。
http://www.geocities.jp/woof163/kissay.html

投稿者: 大野かおり 日時: 2007年07月17日 08:52 |

ライブ情報